03-3234-5791
2019年二弁会長選挙 会費不安なし!業務不安なし!弁護士 道本 幸伸(みちもと ゆきのぶ)

「二弁設立の趣旨を守る会」ニュース

二弁設立の趣旨を守る会が正式に発足しました。東京三会と日弁連に正常化を要請致しました(平成30年10月19日配信)

※画像をクリックすると全文がご覧いただけます。

公会費の減額

要請書

公会費の減額

会則

東弁の3会派(法友会、法曹親和会、期成会)に対する申し入れを行いました(平成30年 8月14日配信)

※画像をクリックすると全文がご覧いただけます。

公会費の減額

東弁の3会派(法友会、法曹親和会、期成会)に対し、二弁が会として東弁に戻る意思を表明した場合に東弁が受諾すべきことを政策として表明するよう申し入れました!

会費の減額は,そう簡単に今の段階で幾ら減らしますというようなことは言えるわけではございません(平成30年 7月25日配信)

※画像をクリックすると全文がご覧いただけます。

公会費の減額

会費の減額は,そう簡単に今の段階で幾ら減らしますというようなことは言えるわけではございません

総会議事録・抄

総会議事録・抄

公約(会費減額)の実現はどうなる?(平成30年 5月18日配信)

※画像をクリックすると全文がご覧いただけます。

公約(会費減額)の実現はどうなる?

公約(会費減額)の実現はどうなる?

質問書

質問書

回答書

回答書

二弁設立の趣旨を守る会 設立趣意書

 第二東京弁護士会は大正15年に東京弁護士会と第一東京弁護士会の分裂を憂い、将来これらを統合するために設立された弁護士会です。以来90年以上にわたりその設立の趣旨は実現されずに東京の弁護士会は鼎立を続けています。その間弁護士法の制定により弁護士会は公法人とされ、より一層統合の必要性が高くなりましたが、鼎立状態は続いています。

 私は平成元年頃より東京三会は統合すべきだとの運動を開始し、以来東弁、一弁、二弁とその活動を続けて参りました。平成30年に二弁会長に立候補して統合を訴えましたが、結果を出せませんでした。しかし東京三会の正常化は東京の全弁護士の使命であり、市民への責任であります。私は今後のこの活動を二弁という会の中で続けていくため、「二弁設立の趣旨を守る会」を設立しました。二弁こそが三会統合の主役であり、その実現に邁進すべきであります。私は二弁がその責任を果たすために守る会の活動を続けていきたいと思います。よろしくお願いします。

平成30年10月12日
道本 幸伸